スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本番中のドッキリ

今日は芦屋市立図書館でのリサイタルがありました。震災後、被災者に無料のコンサートをということで始まったこのリサイタルシリーズは、当初3年ほど続ける予定だったのが、聴きに来られる方々の強い希望により、現在に至るまでずっと続いてきたそうです。図書館のエントランスホールにもかかわらず、今日も階段から吹き抜けの2階までぎっしり、立ち見もたくさんいらして、200人もの方々が聴きに来られました。たくさんのボランティアの方々がお手伝いされていて、素敵な雰囲気でした。(図書館の閉館からわずか30分の間に会場設営と少しの音だしをしていたので、開場前に外でお待ち下さった方々、寒い中をすみませんでした)

しかし、本番は思いもよらぬハプニングがあるものです。1曲目のシマノフスキの「アレトゥーサの泉」の演奏中、クライマックスでトレモロで駆け上がってピツィカートの和音でジャン、とはじいた後の休符のフェルマータの沈黙の部分に、絶妙のタイミングで外を救急車がピィポォピィポォ~と通りかかって、吹き出しそうになりました・・・。あれがもしチャルメラだったら、きっと笑いをこらえられなかったかも
後半には、足元の床にハエが歩いていて、演奏中飛び回らなければいいなぁ・・・と気になっていたんですが、ある時、知らない間にふんずけてしまったらしく、無残にもつぶれたハエを発見してしまいました。なんか可哀そうなことをしてしまったような、でもちょっと立ち位置にあって邪魔なような、その後も妙に気になってしまいました。虫にまつわる本番といえば、12年前ポーランドのショパン音楽祭で、頭にハチを乗せたままバルトークのソロソナタを弾いたことがありましたっけ(私は気付いていなかったのですが、聴いていた方々はハラハラしたそうです。TV録画もしてたんですが、放送されたのかしら?)。

明日は朝から相愛の音楽教室のスケールの試験審査に行ってきます。

29日(月)には、相愛大学南港校舎のホールにて、教員コンサートがあります。立派なパイプオルガンのある素敵なホールです。私は前半にピアノの岡本麻子さんとの共演、後半はユーフォニアムの外囿祥一郎先生らが演奏されます。無料コンサートで、一般の方どなたでもお聴き頂けますので、キャンパス内の美しい紅葉を楽しみながら、是非お越しくださいませ。
チラシはこちらです。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます

コメントをありがとうございます!
来年3月6日のイシハラホールのリサイタルは、CDレコーディング直前の本番ということもあり、いい演奏会ができるよう、これから頑張って準備していきたいと思っています。ぜひまたお聴き頂けると嬉しいです♪

たたったかも

昨晩遅くにひどい悪寒がして高熱を出し、私にしては珍しくダウン。ハエのたたりかも・・・i-282。今日は熱は下がり、元気回復しつつありますが、おとなしくしてます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。